辻堂西海岸の国道134号線のトンネル内で大型バイク2台が事故、1人死亡(神奈川県藤沢市)

江ノ島から茅ヶ崎方面へ向かうツーリングの途中

大型オートバイが前を走っていた大型オートバイに追突し、転倒

辻堂西海岸の国道134号線のトンネル内で大型バイク2台が事故、1人死亡(神奈川県藤沢市)

辻堂西海岸の国道134号線のトンネル内で大型バイク2台が事故、1人死亡(神奈川県藤沢市)

 13日未明、神奈川県藤沢市の国道で大型オートバイ2台がからむ事故があり、乗っていた男性1人が死亡しました。

 13日午前1時半ごろ、藤沢市辻堂西海岸の国道134号線のトンネル内で、茅ヶ崎方面へ向かっていた大型オートバイが前を走っていた大型オートバイに追突し、転倒しました。

 この事故で、追突したバイクに乗っていた平塚市の会社員、磯村昴平さん(24)が路上に投げ出され、全身を強く打つなどして、病院で死亡が確認されました。

 警察によりますと、磯村さんは当時、友人と3人で別々のバイクに乗り、江ノ島から茅ヶ崎方面へ向かうツーリングの途中で、すぐ前を走っていた友人の高校3年生の少年が運転するバイクに追突したということです。

 現場はトンネル内の直線道路で、警察は当時の状況や事故の原因を詳しく調べています。

(出典:TBS News 2015年12月13日)

 この事故の被害者の方である、磯村昴平さんと同姓同名のFacebookアカウントがありました。神奈川県平塚市出身 日本工学院専門学校出身のアカウントで、頻繁にバイクで友達とツーリングに行っている様子が投稿されていました。

 そこにアップされていたバイクは次の2台です。

磯村昴平 Facebookアカウントバイクイメージ

磯村昴平Facebookアカウントバイクイメージ

 

磯村昴平 Facebookアカウントバイクイメージ

磯村昴平Facebookアカウントバイクイメージ

被害者の方のご冥福をお祈りいたします。

 

追記:最近のバイク事故の傾向を記録しておきます。

最近のバイク事故の傾向

事故の発生原因は中・大型2輪車両による「スピードの出しすぎ」とライディングスキル不足による「操作不良」が主な原因となっています。

発生の時間帯はツーリングのスタート時や休憩後の走り出し時に多く発生しています。年齢的には30代~50代の発生が非常に多くみられます。

ツーリングや観光を目的としたドライブ時が圧倒的に多くみられます。発生場所は郊外と市街地の交差点が大半を占めます。

事故のパターンは単独事故と右折・直進が最も多く発生しています。

(出典:特定非営利活動法人Rider’s Save Net)