13台が絡む事故で最初に追突したトレーラーの運転手、村井滋容疑者を逮捕(神戸市須磨区)

トラックや軽自動車など13台が絡む追突事故

「減速した前の車に気付くのが遅れて、ハンドルを切ったが間に合わなかった」

13台が絡む事故で最初に追突したトレーラーの運転手、村井滋容疑者を逮捕(神戸市須磨区)

13台が絡む事故で最初に追突したトレーラーの運転手、村井滋容疑者を逮捕(神戸市須磨区)

 6日に神戸市須磨区の高速道路で起きた13台が絡む事故で、警察は、最初に追突したトレーラーの運転手を逮捕した。

 6日夕方、神戸市須磨区の第二神明道路・上り線で大型トレーラーが渋滞中の車の列に衝突し、トラックや軽自動車など13台が絡む追突事故となり、5人が軽傷を負った。

 この事故で警察は7日、最初に追突した神奈川県厚木市の大型トレーラーの運転手・村井滋容疑者(62)を過失運転致傷の疑いで逮捕した。

 当時、現場の高速道路では渋滞が起きていたが村井容疑者は警察に対して「減速した前の車に気付くのが遅れて、ハンドルを切ったが間に合わなかった」と容疑を認めているという。

(日本テレビ系(NNN)2016年 8月7日

「減速した前の車に気付くのが遅れて、ハンドルを切ったが間に合わなかった」とのことですが、大型トレーラーに追突されて、軽傷の方々だけですんだのは不幸中の幸いかもしれないですね・・・。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー