16歳の高校1年生の女子生徒の自転車と衝突し逃走した疑いで藤沢英一容疑者(45)逮捕(香川県高松市)

生徒の左手に軽傷を負わせたまま逃走

「自転車と衝突したとは思わなかった」と容疑を否認

jitensha_jiko_img02

 高松東署は7日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、高松市栗林町、香川県立白鳥病院の職員、藤沢英一容疑者(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は10月31日午後7時45分ごろ、高松市下田井町の県道交差点を乗用車で直進した際、右手から進入してきた高校1年の女子生徒(16)の自転車と衝突。生徒の左手に軽傷を負わせたまま逃走したとしている。

 同署によると、藤沢容疑者は「自転車と衝突したとは思わなかった」と容疑を否認している。

(産経WEST 2016年11月8日)

「自転車と衝突したとは思わなかった」と容疑を否認しているとのことですが、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。