自転車で横断していた16歳の高校2年生が中西勇太容疑者(22)運転の乗用車にはねられる(岡山市東区)

容疑者は「前をよく見ていなかった」

現場は見通しの良い片側1車線の直線

jitensha_jiko_img02

 21日午後6時45分ごろ、岡山市東区中川町の市道で、自転車で横断していた同市、高校2年女子(16)が乗用車にはねられ、頭などを強く打ち意識不明の重体。

 岡山東署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、車を運転していた同市中区長岡、会社員中西勇太容疑者(22)を現行犯逮捕した。「前をよく見ていなかった」と容疑を認めている。

 同署によると、現場は見通しの良い片側1車線の直線。詳しい原因を調べている。

山陽新聞デジタル|さんデジ 2016年10月22日

現場は見通しの良い片側1車線の直線で、容疑者は「前をよく見ていなかった」と容疑を認めているとのことで、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー