オートバイを運転していた18歳の高校生・眞河健太郎さん、ガードパイプに衝突して死亡(愛知県新城市)

カーブを曲がりきれず、反対車線のガードパイプに衝突

友人の男女5人と豊橋市内から新城市内の足湯施設に向かう途中

bike_img

 愛知県新城市の路上で、オートバイを運転していた男子高校生が死亡しました。

 警察は、単独事故とみて調べています。

 10日午前3時半頃、新城市八束穂の市道で、豊川市千両町の高校生・眞河健太郎さん(18)が、オートバイごと倒れているのを、50メートルほど後ろを車で走っていた友人らが見つけました。

 眞河さんは、病院に運ばれましたが、頭を強く打つなどしていて、およそ2時間後に死亡しました。

 事故現場は、片側一車線の左カーブで、警察は、眞河さんがカーブを曲がりきれず、反対車線のガードパイプに衝突した可能性が高いとみて、事故の詳しい原因を調べています。

 眞河さんは、友人の男女5人と豊橋市内から新城市内の足湯施設に向かう途中だったということです。

(CBCテレビ 2016年10月10日

警察は、眞河さんがカーブを曲がりきれず、反対車線のガードパイプに衝突した可能性が高いとみているとのことですが、とても御気の毒な事故だと思います・・・。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

バイク用ドライブレコーダー

バイク用 高性能 ドライブレコーダー