道路で遊んでいた1歳の大濱翼ちゃんが廣田英美容疑者(42)運転の乗用車にはねられる(広島市佐伯区)

廣田容疑者は、帰宅途中で容疑を認めている

翼ちゃんは1人で遊んでいたとみられ、道路にしゃがんでいた

jinshin_jiko_img

 12日午後、広島市内の道路で遊んでいたとみられる1歳の男の子が車にはねられ死亡した。車を運転していた会社員の女が逮捕された。

 事故があったのは広島市佐伯区五日市2丁目の住宅街。

 12日午後3時ごろ、大濱翼ちゃん(1)が自宅前の道路で普通乗用車にはねられた。翼ちゃんは、病院に運ばれたが、頭を強く打っており、2時間半後に死亡した。

 車を運転していたのは、近くに住む会社員・廣田英美容疑者(42)で、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕された。

 警察によると、翼ちゃんは1人で遊んでいたとみられており、道路にしゃがんでいたという。

 廣田容疑者は、帰宅途中で容疑を認めているという。

 警察が事故の詳しい原因を調べている。

(日本テレビ系(NNN) 2016年11/12

翼ちゃんは1人で遊んでいたとみられており、道路にしゃがんでいたということで、とても御気の毒な事故だと思います・・・。

亡くなられた翼ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

アラームで知らせるバックセンサー

バックセンサー&モニターセット