父の車にはねられ、1歳女児死亡(埼玉県川口市)

男性は妻、長女と3人で買い物に行くところ

1歳長女は病院に搬送されたが、頭などを強く打ち間もなく死亡

父の車にはねられ、1歳女児死亡(埼玉県川口市)

父の車にはねられ、1歳女児死亡(埼玉県川口市)

 17日午後0時45分ごろ、埼玉県川口市朝日の男性会社員(41)が自宅車庫から私道へ車を出そうとした際、左前方にいた長女(1)をはねた。長女は病院に搬送されたが、頭などを強く打ち間もなく死亡した。

 県警によると、男性は妻、長女と3人で買い物に行くところだったという。県警は自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で、男性から詳しい事情を聴く。

 17日には、長野県東御市でも父親が車を車庫から出す際に三女をはね、死亡する事故があった。

(産経新聞 1月17日)

 埼玉・川口市の住宅の前で、1歳の女の子が父親の車にはねられ、死亡した。

 17日午後0時半すぎ、川口市朝日の住宅の前で、この家に住む会社員の小林洋行さん(41)が、車庫から車を出した際に、長女の千夏ちゃん(1)をはねた。

 前方にいる千夏ちゃんに気づかず、はねたとみられていて、千夏ちゃんは、頭を強く打ち死亡した。

 小林さんは、妻と千夏ちゃんの3人で、買い物に行こうとしていたという。

(FNN 1月18日)

同じ17日には、長野県東御市でも父親が車を車庫から出す際に三女をはね、死亡する事故がありましたので、出典しておきます。

 17日午前10時半ごろ、長野県東御市の介護士の男性(38)が、自宅の車庫から乗用車でバックしている最中に三女(2)をひいた。三女は病院に運ばれたが、頭を強く打っており死亡が確認された。

 県警上田署によると、男性は「後ろに娘がいることに気付かずひいてしまった」と話している。

 事故当時は妻、長女、次女、三女と5人で外出しようとしていて、長女と次女は車に乗っていた。同署は事故の原因を調べる。

(中日新聞 1月18日)

車の運転席からはけっこう死角があるので、こういった事故が後を絶ちませんね・・・。センサーで人がいるのを感知してすぐに止まれる車を開発して義務化してほしいものですね。

あと、子供たちにも、車には死角があって、すぐには止まれないという事実を親が教えていかないといけないですね。