大学生ひき逃げ74歳「クビになるのが嫌だった」(千葉県柏市)

事故の直後に、被害者は別の車にもはねられていた

「会社にバレてクビになるのが嫌だった」と供述

大学生ひき逃げ74歳「クビになるのが嫌だった」(千葉県柏市)

大学生ひき逃げ74歳「クビになるのが嫌だった」(千葉県柏市)

 会社員の安東汪容疑者は5日未明、千葉県柏市で、大学生の清州龍一郎さん(21)を軽自動車ではねて逃走した疑いが持たれています。

 清州さんはその後、死亡しました。警察によりますと、周辺の防犯カメラに映っていた軽自動車のナンバーから安東容疑者が浮上しました。

 取り調べに対して、「会社にバレてクビになるのが嫌だった」と供述し、容疑を認めています。事故の直後に、清洲さんは別の車にもはねられていて、運転していた男がその場で逮捕されています。

(テレ朝ニュース 2015年10月11日)

大学生ひき逃げ74歳「クビになるのが嫌だった」

大学生ひき逃げ74歳「クビになるのが嫌だった」

 この事件、時系列的に見てみると、まず、安東汪容疑者が、立教大学4年生の清洲龍一郎さんをはね、そして、52歳の会社員男性が、はねられた清洲さんをさらにはねたようです。

 5日午前2時50分ごろ、柏市若柴の県道で、乗用車で走行していた同市の自称会社員男性(52)が、路上に横たわっていた同市柏の葉2の大学4年生、清洲龍一郎さん(21)をはねる事故があった。

 清洲さんは頭などを強く打って死亡。柏署は防犯カメラの解析や現場の状況から、清洲さんが直前にひき逃げ被害に遭い、倒れていた可能性が高いとみて、ひき逃げ事件として詳しく調べている。

 県警によると、近くの防犯カメラを分析したところ、車道を歩いていた清洲さんが車にはね飛ばされ、その数十秒後に男性の乗用車にひかれていた。

 最初にはねた車は乗用車タイプで、そのまま現場から立ち去った。
 
 県警は、周辺の防犯カメラの映像確認や聞き込み捜査を進める。

 現場は信号や横断歩道のない直線道路。

(ちばとぴ 2015年10月06日)

 5日午前3時ごろ、柏市で、「音を聞いて外を見たら人が倒れている」と近くのホテルの従業員から110番通報がありました。

 警察などが駆け付けると、路上に20代の男性が血を流して倒れて死亡しているのが見つかりました。

 警察によりますと、現場付近の防犯カメラの映像から、男性は乗用車にはねられて死亡し、さらに別の車に接触したとみられています。

 また、男性は道路の中央付近をふらつきながら歩いていて、酒に酔った様子だったということです。警察は、ひき逃げ事件とみて逃走した車の行方を追うとともに、遺体の身元の確認を進めています。

(ABCNEWS 2015年10月06日)

 それにしてもひどいひき逃げ事件です。防犯カメラの映像がなかったら、最初にひき逃げした、安東汪容疑者までたどりつかなかったかもしれません。それこそ、逃げ得になってしまうところでした。

 さらに、この事件の後、安東汪容疑者はまたもやひき逃げ事件を起こしたようです。同姓同名で、同年齢、同じ千葉県、なのでおそらく同一人物だと思われます。

 下記の記事で、ひき逃げ事故の詳細を紹介しましたので、ご興味ある方は、記事を見てみてください↓クリックすると記事にとびます。
81歳女性がひき逃げされ死亡、74歳男逮捕

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画