乗用車が歩行者をはね更に他の車に追突、はねられた男性は重傷、内海真之介容疑者(24)を逮捕、基準値を超えるアルコール分が検出(神奈川県横浜市)

「人が通っていたことに気付かずはねてしまった」

内海容疑者が信号機を見落とした可能性があるとみている

横浜市神奈川区の国道15号線で、乗用車が歩行者をはね更に他の車に追突する事故がありました。

事故があったのは横浜市神奈川区子安通の国道15号線で、15日午前6時頃、上り線を走っていた乗用車が横断歩道を横断していた30代の男性をはね、更に停止中の軽自動車に追突しました。

そのはずみで軽自動車は横転し、乗っていた男性は軽傷、はねられた男性は重傷を負い病院に搬送されました。

県警は、乗用車を運転していた内海真之介容疑者を過失運転傷害の疑いで逮捕していて、調べに対し「人が通っていたことに気付かずはねてしまった」などと容疑を認めているということです。

県警は内海容疑者が信号機を見落とした可能性があるとみて調べを進めています。

またその後の調べで、内海容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコール分が検出されたということです。

(tvkニュース(テレビ神奈川)2016年 12/15)

内海容疑者が信号機を見落とした可能性があるとみて調べを進めているということですが、非常に悪質な事故ですね・・・。今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー