中古車販売店で作業中にジャッキが外れ関笙さん(24)が車の下敷きになり死亡(神奈川県横浜市)

男性店長と2人で乗用車の下に潜り込む

「人がジャッキアップ中の乗用車の下敷きになった」と消防に通報

kyukyu_img02

 横浜市にある中古車販売店で作業中にジャッキが外れ、男性が車の下敷きになりました。

 11日午後8時前、横浜市都筑区の中古車販売店から「人がジャッキアップ中の乗用車の下敷きになった」と消防に通報がありました。

 下敷きになったのはこの店で働く会社員の関笙さん(24)で、病院で死亡が確認されました。

 警察によりますと、関さんは男性店長と2人で乗用車の下に潜り込み、車のマフラーの交換をしていましたが、車体が揺れたはずみにジャッキが外れて車の下敷きになったということです。

 店長にけがはありませんでした。

 警察は、業務上過失致死の疑いも視野に当時の状況を調べています。

(テレビ朝日系(ANN)2016年 11/12

関さんは男性店長と2人で乗用車の下に潜り込み、車のマフラーの交換をしていましたが、車体が揺れたはずみにジャッキが外れて車の下敷きになったということですが、怖い事故ですね・・・。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。