31歳男性のワゴン車が縁石を乗り越えて対向車線に飛び出し55歳男性の大型トラックに衝突(静岡県富士市)

現場は片側1車線のカーブ

東名高速道富士インターチェンジ(IC)上り流入ランプ

jisonjiko_img

 20日午前11時50分ごろ、富士市伝法の東名高速道富士インターチェンジ(IC)上り流入ランプで、浜松市北区三方原町、会社員の男性(31)のワゴン車と大阪市東淀川区北江口、トラック運転手男性(55)の大型トラックが衝突、ワゴン車の外れたバンパーが後方を走っていた静岡市駿河区丸子新田、会社員の男性(28)の乗用車にぶつかった。

 浜松市の会社員男性は頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。静岡市の会社員男性は右手首に軽傷を負った。

 静岡県警高速隊によると、同ICに向かって流出ランプを走行していたワゴン車が、縁石を乗り越えて対向の流入ランプの車線に飛び出し、大型トラックに衝突したという。

 現場は片側1車線のカーブ。同流入ランプは午後0時35分から約2時間半にわたり閉鎖された。

(@S[アットエス] by 静岡新聞 2016年9月21日

流出ランプを走行していたワゴン車が、縁石を乗り越えて対向の流入ランプの車線に飛び出し、大型トラックに衝突したということで、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー