東北自動車道で車3台が絡む事故、車外に出ていた佐藤剛さんはねられる(福島県福島市)

大型トラックの運転手は「分からなかった」

佐藤さんは車外に出ていたとみられています

東北自動車道で車3台が絡む事故、車外に出ていた佐藤剛さんはねられる(福島県福島市)

東北自動車道で車3台が絡む事故、車外に出ていた佐藤剛さんはねられる(福島県福島市)

 15日未明、福島市の東北自動車道で車3台が絡む事故があり、1人が死亡、3人が軽いけがをしました。

 午前0時半ごろ、福島市の東北自動車道の下り線で、故障のため路肩に止まっていた普通乗用車に大型トラックと軽自動車が衝突しました。

 この事故で、普通乗用車を運転していた山形県の会社員・佐藤剛さん(55)が頭を強く打って死亡し、佐藤さんの妻と娘、それに大型トラックの運転手の3人が軽いけがをしました。

 佐藤さんは車外に出ていたとみられています。現場にブレーキの痕はなく、大型トラックの運転手は「分からなかった」などと話しているということです。

 警察は自動車運転過失致死傷などの疑いも視野に調べています。

(テレビ朝日系(ANN)2016年 8月15日

現場にブレーキの痕はなく、大型トラックの運転手は「分からなかった」などと話しているということで、いったいなにがあったのでしょうか。今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画