山口博幹容疑者(46)運転の乗用車が軽乗用車に衝突、頸椎捻挫のけがを負わせ逃走して逮捕(長野市中御所)

午前8時45分ごろ、同市中御所の国道117号

けがを負わせながら、そのまま立ち去った

 長野中央署は16日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで、長野市稲葉の会社員、山口博幹(ひろまさ)容疑者(46)を逮捕した。

 逮捕容疑は13日午前8時45分ごろ、同市中御所の国道117号で運転していた乗用車が須坂市の男性会社員(25)の軽乗用車に衝突。会社員に頸椎捻挫のけがを負わせながら、そのまま立ち去ったとしている。

(産経新聞 2016年12/18

頸椎捻挫のけがを負わせながら、そのまま立ち去ったとしているとのことですが、かなり悪質ですね・・・。今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。