4歳児、巡回中のパトカーにはねられる、祖父のところに駆け寄ろうとしていたか(滋賀県長浜市)

男児は転倒して腰を打ったが軽傷

「男児に気づいてブレーキをかけたが間に合わなかった」

4歳児、巡回中のパトカーにはねられる、祖父のところに駆け寄ろうとしていたか(滋賀県長浜市)

4歳児、巡回中のパトカーにはねられる、祖父のところに駆け寄ろうとしていたか(滋賀県長浜市)

 17日午後6時ごろ、滋賀県長浜市野瀬町の県道で、巡回中のパトカーが道路を横断していた近くに住む男児(4)をはねた。

 男児は転倒して腰を打ったが軽傷。滋賀県警長浜署が詳しい事故原因を調べている。

 長浜署によると、パトカーを運転していたのは、同署地域課に所属する男性巡査(24)。「男児に気づいてブレーキをかけたが間に合わなかった」と話している。

 現場は幅約3・5メートルの見通しのよい直線道路。男児は道路の反対側にいた祖父のところに行くため、走って横断していたとみられる。

 近くに横断歩道はなかった。

 事故当時、パトカーは時速約30キロで走行していたという。 

 田尾知仁副署長は「今後署員に対する事故防止の指示を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

(産経新聞 2016年7月18日)

男児は道路の反対側にいた祖父のところに行くため、走って横断していたとみられるということですが、男性巡査は「男児に気づいてブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているようですので、男児が軽傷で不幸中の幸いだったのではないでしょうか。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画