近くに住む60代の男性が頭から血を流して倒れていて「車にはねられた」と話す(千葉県旭市)

「男性が路上で血を流して倒れている」

近くに住む60代の男性が頭から血を流して倒れていた

road_img

 千葉県でひき逃げとみられる事件です。

 18日午後5時ごろ、旭市鎌数の市道で、「男性が路上で血を流して倒れている」と、散歩中の女性から通報がありました。

 警察などが駆けつけたところ、近くに住む60代の男性が頭から血を流して倒れていて、病院に運ばれましたが、重傷です。

 男性は病院に搬送される際、救急隊員らに「車にはねられた」と話していたということです。

 警察は、ひき逃げ事件とみて捜査しています。

(TBS系(JNN)2016年 8月19日

「男性が路上で血を流して倒れている」と、散歩中の女性から通報があり、近くに住む60代の男性が頭から血を流して倒れていて、「車にはねられた」と話していたということですが、なにがあったのでしょうか?今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。