県道で渡辺千惠子さん(61)が、小池和広容疑者(58)運転の乗用車にはねられ死亡(宮城県仙台市)

片側1車線の見通しのよい直線道路

「ドンという音がして車を止めたら後方に女性が倒れていた」

11日夕方、仙台市郊外の県道で61歳の女性が乗用車にはねられ死亡しました。

11日午後5時前仙台市青葉区芋沢の県道で近くに住む渡辺千惠子さん(61)が乗用車にはねられました。

渡辺さんは全身を強く打って病院に運ばれましたがおよそ1時間後に死亡しました。

警察は乗用車を運転していた仙台市青葉区赤坂の会社員、小池和広容疑者(58)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対し「ドンという音がして車を止めたら後方に女性が倒れていた」と供述しているということです。

警察によりますと現場は片側1車線の見通しのよい直線道路で乗用車は左の前方部分がへこんでいるということです。

警察は容疑を過失運転致死に切り替えて事故の原因を調べています。

(NHK NEWS WEB 2016年12月12日)

「ドンという音がして車を止めたら後方に女性が倒れていた」と供述しているということですが、今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。