63歳の三好義幸さんが車にはねられた事故、高松幹哉容疑者(24)逮捕(大阪府寝屋川市)

午前6時前、寝屋川市の府道で歩いていた三好義幸さん

以前の記事の続報です。
>>63歳の三好義幸さんが府道を横断中に車にはねられ、ボンネットがへこんだ不審な乗用車が逃走中(大阪府寝屋川市)

フロントガラスが割れた車が寝屋川市内に停まっているという通報

 1月7日、大阪府寝屋川市で男性が車にひかれて死亡した事件で、警察は24歳の男を過失運転致死などの疑いで逮捕しました。

 過失運転致死などの疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の高松幹哉容疑者(24)です。警察の調べによりますと、高松容疑者は1月7日午前6時前、寝屋川市の府道で歩いていた三好義幸さん(63)を車ではねて死亡させ、逃げた疑いが持たれています。

 警察によりますと、フロントガラスが割れた車が寝屋川市内に停まっているという通報を受けて、ナンバープレートから持ち主を調べていたところ、高松容疑者が弁護士に付き添われて出頭してきたということです。

 調べに対して、高松容疑者は「事故を起こして怖くなった」と容疑を認めているということです。

(毎日放送 2017年1/8)

以前の記事の続報です。
>>63歳の三好義幸さんが府道を横断中に車にはねられ、ボンネットがへこんだ不審な乗用車が逃走中(大阪府寝屋川市)

高松容疑者は「事故を起こして怖くなった」と容疑を認めているということですが、今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。