軽乗用車が砂田英利容疑者(36)運転の車に追突され、扇一久則さん(64)さんが車と民家の壁に頭を挟まれ死亡(富山県射水市)

現場には、他の車の破片が落ちていた

軽乗用車の前にいた扇一さんが車と民家の壁に頭を挟まれる

jinshin_jiko_img

 ひき逃げ事故で、射水市の男性が民家の外壁と車に頭をはさまれ死亡しました。

「ドンという音がして見にきたら、ここに車止まっとった。エンジンはかかっとって、車の中のぞいても運転手はいなかった」(インタビュー)

 射水警察署によりますと、30日午前5時15分ごろ、射水市生源寺の県道で、射水市水戸田の新聞配達アルバイト扇一久則(おぎいち・ひさのり)さん(64)が、路上に止めていた軽乗用車に車が追突しました。

 この事故で、軽乗用車の前にいた扇一さんが、追突で押し出された車と民家の壁に頭を挟まれ死亡しました。

 現場には、他の車の破片が落ちていたということで、警察は、ひき逃げ事件とみて調べを進めています。

(チューリップテレビ 2016年10/31

ひき逃げ事故の容疑者が逮捕されました。

 富山県射水市で、30日、64歳の男性が車と住宅の壁に挟まれて死亡し、警察はこの車に追突した車を運転していた36歳の男をひき逃げなどの疑いで逮捕した。

 過失運転致死とひき逃げの疑いで逮捕されたのは、富山県小矢部市の職業不詳・砂田英利容疑者。

 射水警察署によると、砂田容疑者は、30日午前5時15分頃、射水市生源寺の県道で普通乗用車を運転中に、停車していた軽乗用車に追突した。

 この弾みで、押し出された車と住宅の外壁に頭を挟まれて射水市水戸田の新聞配達アルバイト・扇一久則さんが死亡したが、砂田容疑者は、そのまま逃げた疑いが持たれている。

 砂田容疑者は、何かにぶつかったことは認めているということで、警察は、逃げた理由などを調べる方針。

(日本テレビ系(NNN)2016年10/31

砂田容疑者は、何かにぶつかったことは認めているということで、警察は、逃げた理由などを調べる方針とのことですので、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。