飲酒運転で消防署に突っ込む 66歳女逮捕(福岡市中央区)

信号待ちの車に衝突、さらに消防署に突っ込んだ

運転していた女の呼気から基準値の1.6倍のアルコール

飲酒運転で消防署に突っ込む 66歳女逮捕(福岡市中央区)

飲酒運転で消防署に突っ込む 66歳女逮捕(福岡市中央区)

福岡市中央区で27日夜、酒を飲んで車を運転して信号待ちの車に衝突、さらに消防署に突っ込んだとして、66歳の女が酒気帯び運転の容疑で現行犯逮捕された。

 27日午後7時ごろ、福岡市中央区笹丘の通称・油山観光道路で、信号待ちで止まっていた車に路地から右折してきた普通乗用車が衝突した。

衝突した車はさ らに歩道に乗り上げ、中央消防署笹丘出張所の柱にぶつかって止まった。

運転していた女の呼気から基準値の1.6倍のアルコールが出て、警察は女を現行犯逮捕した。

 酒気帯び運転の容疑で逮捕されたのは、福岡市城南区の無職・久保すみ子容疑者。

「ビールを飲んで運転した」と容疑を認めているという。衝突された車に乗っていた2歳の女児が頭を打って病院で手当てを受けたという。

(NNN 1月28日)

タニタ アルコールセンサー

ドライブレコーダー【今だけおまけ付!】