69歳無職男性の乗用車と路線バスが正面衝突、バスは弾みで住宅に突っ込む(鹿児島県霧島市)

現場は片側1車線の緩やかなカーブ

住宅には中学2年の男子生徒がいたが、けがはなかった。

 28日午後1時半頃、鹿児島県霧島市牧園町高千穂の国道223号で、同市の無職男性(69)の乗用車と路線バスが正面衝突した。バスは弾みで道路左側にある住宅の玄関付近に突っ込んだ。

 乗用車の男性、バスの男性運転手(67)、乗客の男性(37)(茨城県)の計3人が頭を打つなどの軽傷。住宅には中学2年の男子生徒がいたが、けがはなかった。

 県警横川署の発表によると、現場は片側1車線の緩やかなカーブで、同署は乗用車が中央線をはみ出したとみている。

(読売新聞 2016年12月日)

住宅には中学2年の男子生徒がいたが、けがはなかったとのことで、不幸中の幸いだったのではないでしょうか。

今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。