69歳男性運転のトラックが歩行者や建物に次々と接触、マンションに突っ込んで止まる(東京都東村山市)

20代から50代の男女5人が病院に運ばれ軽傷

運転していた男性は事故について「覚えていない」と話している

69歳男性運転のトラックが歩行者や建物に次々と接触、マンションに突っ込んで止まる(東京都東村山市)

69歳男性運転のトラックが歩行者や建物に次々と接触、マンションに突っ込んで止まる(東京都東村山市)

 東京・東村山市でトラックが歩行者や建物に次々と接触する事故があり、5人がけがをしました。運転していた69歳の男性は状況を「覚えていない」と話しています。

 7日午後7時頃、東村山市の路上でトラックが歩行者や建物などに次々と接触し、マンションに突っ込んで止まりました。道を歩いていた20代から50代の男女5人が病院に運ばれましたが、いずれも軽傷です。

 トラックを運転していたのは69歳の男性で、けがはありませんが、警察官が駆けつけた時、運転席に座ったまま意識がなかったということです。

 「看板を倒したあと、止まっていた車に直接ぶつかって、そのまま押し込んでたので、そこでも大きな音がしていた」(目撃者)

 警視庁によりますと、運転していた男性は事故について「覚えていない」と話しているということです。

(TBS系(JNN)2017年 1/7)

運転していた男性は事故について「覚えていない」と話しているということですが、今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ