普通乗用車と衝突し、はずみで近くを歩いていた辻武志さん(72)をはねて死亡させ逃走した疑いで、安部祐太容疑者(22)逮捕(愛知県名古屋市)

「車とは衝突したが、人をはねたかは覚えていない」

衝突事故の相手の目撃証言などから同容疑者を特定

jinshin_jiko_img

 衝突事故を起こした際に近くを歩いていた男性をはね死亡させ、逃走したとして、愛知県警天白署は23日、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、名古屋市瑞穂区新開町のアルバイト安部祐太容疑者(22)を逮捕した。

 「車とは衝突したが、人をはねたかは覚えていない」と否認しているという。

 逮捕容疑は同日午前7時40分ごろ、同市天白区高坂町の交差点でトラックを運転中、会社員男性(44)の運転する普通乗用車と衝突し、はずみで近くを歩いていた同区海老山町の無職辻武志さん(72)をはねて死亡させ、そのまま逃走した疑い。辻さんは病院に搬送されたが、胸を強く打ち約3時間後に死亡した。

 同署によると、安部容疑者は自宅からアルバイト先へ行く途中だった。衝突事故の相手の目撃証言などから同容疑者を特定したという。

(時事通信 2016年11/23)

衝突事故の相手の目撃証言などから同容疑者を特定したということですが、逃走するとは非常に悪質だと思います・・・。今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。