79歳の井坪富男さんが血を流して倒れており、ひき逃げ事件とみて捜査(埼玉県朝霞市)

頭の骨を折るなどしておよそ7時間後に死亡

通りがかった男性から「歩道で人が倒れている」と警察に通報

8日夜、埼玉県朝霞市の市道で79歳の男性が倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。
警察は、現場の状況などからひき逃げ事件とみて捜査しています。

8日午後7時40分ころ、朝霞市宮戸の市道で、通りがかった男性から「歩道で人が倒れている」と警察に通報がありました。

警察が駆けつけたところ、近くに住む自営業、井坪富男さん(79)が血を流して倒れていて、病院に運ばれましたが頭の骨を折るなどしておよそ7時間後に死亡しました。

警察によりますと、井坪さんは現場近くの駐車場に車を止めて歩いて帰宅しようとしたとみられ、当時、複数の住民が衝突したような音を聞いたと話していることなどから、警察は、ひき逃げ事件とみて捜査しています。

現場は、JR北朝霞駅から北東におよそ2キロほど離れた見通しのいい道路で、警察によりますと、当時、現場付近は薄暗かったということです。

(NHK NEWS WEB 2016年12月9日)

当時、現場付近は薄暗かったということですが、今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ