小学2年生の萬谷太星くん(7)赤信号で道路を横断してトラックにはねられる(東京都江戸川区)

男の子が赤信号で道路を横断しようとしていた

「ブレーキを踏んだけれども間に合わず衝突してしまった」

hokousha_img

 東京・江戸川区で4日、小学2年生の男の子が、2トントラックにはねられ死亡した。

 4日午後4時15分ごろ、江戸川区東小岩の路上で、横断歩道を歩いていた小学2年生・萬谷太星君(7)が、2トントラックにはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。

 警視庁は、トラックを運転していた星野仁容疑者(26)を現行犯で逮捕し、事故の状況をくわしく調べている。

(フジテレビ系(FNN) 2016年8月5日

 4日夕方、東京・江戸川区で道路を横断していた夏休み中の小学生の男の子がトラックにはねられ死亡しました。

 4日午後4時すぎ、東京・江戸川区東小岩で道路を横断していた男の子が2トントラックにはねられました。

 警視庁によりますと、この事故で、近くに住む小学2年生の萬谷太星さん(7)が頭を強く打つなどして病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。

 現場は、住宅街にある都道と区道の信号がある交差点です。


 目撃者などの話では、男の子が赤信号で道路を横断しようとしていて、警視庁の調べに対して、トラックの運転手は「ブレーキを踏んだけれども間に合わず衝突してしまった」と話しているということです。

 
 警視庁は、運転手を過失運転傷害の疑いで逮捕し事故の詳しい原因を調べています。

(NHK NEWS WEB 2016年08月04日)

目撃者などの話では、男の子が赤信号で道路を横断しようとしていて、警視庁の調べに対して、トラックの運転手は「ブレーキを踏んだけれども間に合わず衝突してしまった」と話しているということですが、とても不幸な事故だと思います。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。