7歳児の歩行中の交通事故が圧倒的に多いのは小学1~2年生の時期で保護者と離れて行動するから?

「交通事故総合分析センター」(東京都)の調査

小学1~2年生の時期で、保護者と離れて行動する機会が増える

7歳の交通事故、突出…小学入学で単独行動増加(写真:読売新聞)

7歳の交通事故、突出…小学入学で単独行動増加(写真:読売新聞)

 歩行中に交通事故に遭った死傷者を年齢別でみると、7歳が圧倒的に多いことが、公益財団法人「交通事故総合分析センター」(東京都)の調査でわかった。

 7歳は小学1~2年生の時期で、保護者と離れて行動する機会が増え、身の危険を察知できるようになるまでの時期に事故が急増しているとみられる。

 年齢別の死傷者数について同センターが今年初めて分析した。

 センターによると、昨年の歩行中の事故死傷者は、5万6962人。1歳以降増え続け、6歳は1057人、7歳が最多の1462人だった。8歳になると1104人に下がった。2011~14年についても調べたところ、7歳が最多なのは同じだった。

 7歳の事故を細かくみると、多くの傾向が判明した。

(読売新聞 2016年9月7日)

7歳は小学1~2年生の時期で、保護者と離れて行動する機会が増え、身の危険を察知できるようになるまでの時期に事故が急増しているとみられるとのことで、確かにすごく突出して多いので驚きです。