藤本誠二さん(81)が軽乗用車を止めようとバックしたところ妻の富江さん(74)をはねる(三重県津市)

アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もある

「事故の状況は覚えていない」と話している

kyukyu_img

 25日午前、三重県津市の病院の駐車場で、81歳の男性がバックで車を停めようとして74歳の妻をはね、妻は死亡しました。

 25日午前10時ごろ、津市片田志袋町の病院の駐車場で、市内に住む無職・藤本誠二さん(81)が軽乗用車を止めようとバックしたところ、後ろにいた妻の富江さん(74)をはねました。

 富江さんは、車と塀の間にはさまれて全身を強く打ち、搬送先の別の病院で死亡しました。

 警察の調べに対し、藤本さんは、「事故の状況は覚えていない」と話しているということです。

 警察は、現場の状況から、藤本さんがアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もあるとみて原因を調べています。

 藤本さんは、富江さんを病院に送ったところでした。

藤本さんは、「事故の状況は覚えていない」と話しているということで、なにがあったのでしょうか?今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。