自転車に乗っていた弓矢七郎さん(84)が小川雅宏容疑者(36)運転の軽ワゴン車にはねられる(埼玉県狭山市)

軽ワゴン車が進行方向の左側にいた自転車をはねる

「ハンドルを切ったが間に合わなかった」と話している

jitensha_jiko_img02

 19日午前、狭山市の県道で、自転車に乗っていた84歳の男性が軽ワゴン車にはねられ、死亡しました。

 19日午前10時前、狭山市柏原の県道で、軽ワゴン車が進行方向の左側にいた自転車をはねました。この事故で、自転車に乗っていた近くに住む無職の弓矢七郎さん(84)が病院に運ばれましたが、全身を強く打つなどしていて、およそ2時間後に死亡が確認されました。

 警察は軽ワゴン車を運転していた狭山市広瀬の自営業小川雅宏容疑者(36)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

 調べに対して、小川容疑者は容疑を認め「ハンドルを切ったが間に合わなかった」と話しているということです。

 警察は容疑を過失運転致死に切り替えて、詳しい事故原因などについて調べています。

(テレ玉 2016年9月19日

小川容疑者は容疑を認め「ハンドルを切ったが間に合わなかった」と話しているということで、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

バイク用ドライブレコーダー

バイク用 高性能 ドライブレコーダー