横断歩道を渡っていた藤江文子さん(86)が、70歳の男性が運転する原付バイクにはねられ死亡(埼玉県所沢市)

午後5時半すぎ、所沢市山口の県道交差点

「前方の信号に気を取られてしまった」などと話している

9日夕方、所沢市の県道で、横断歩道を渡っていた86歳の女性が、70歳の男性が運転する原付バイクにはねられ死亡しました。

9日午後5時半すぎ、所沢市山口の県道交差点で、近くに住む無職の藤江文子さん(86)が横断歩道を渡っていたところ、70歳の男性が運転していた原付バイクにはねられました。

事故を目撃した女性がすぐに119番通報し、警察などが駆けつけた時には藤江さんに意識はあったということですが、頭などを強く打っていて搬送された病院でおよそ3時間半後に死亡しました。

警察の調べによりますと、原付バイクを運転していた70歳の男性は「前方の信号に気を取られてしまった」などと話しているということです。警察は事故の原因を詳しく調べています。

(埼玉新聞 2016年12/10

原付バイクを運転していた70歳の男性は「前方の信号に気を取られてしまった」などと話しているということですが、今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

バイク用ドライブレコーダー

バイク用 高性能 ドライブレコーダー