「黄信号だった」自分の車のドライブレコーダーには赤信号で進入、川口悠起容疑者逮捕(大阪府堺市)

直進方向の信号は赤で、右折指示が出ていた映像

対向車線から右折してきたオートバイと衝突し、死亡させた

bike_jiko_img

 乗用車で赤信号の交差点に進入してオートバイと衝突し、男性を死亡させたとして大阪府警は15日、大学生 川口悠起容疑者(20)=堺市北区=を自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死)の疑いで逮捕、送検したと発表した。

 「黄信号だった」と供述しているが、自分の車のドライブレコーダーに赤信号で進入した様子が映っていたという。

 堺署によると、川口容疑者は昨年10月、堺市堺区の国道交差点を直進し、対向車線から右折してきた同府岸和田市の会社員男性(当時53)のオートバイと衝突し、死亡させたとして、同法違反(過失運転致死)容疑で現行犯逮捕された。

 その後釈放されたが、署は川口容疑者の車のドライブレコーダーを解析。直進方向の信号は赤で、右折指示が出ていた映像が残っていた。

 さらに川口容疑者は 「1人で運転していた」と説明していたが、レコーダーに記録された会話から、同乗者がいたことも判明。

 同乗者が「赤信号だったことを(川口容疑者は)知っ ているはずだ」などと証言したことから、府警は法定刑が過失運転致死罪(懲役7年以下)より重い危険運転致死罪(同1年以上20年以下)の容疑で改めて逮捕した。

(朝日新聞デジタル 2016年6月15日)

「黄信号だった」と供述しているが、自分の車のドライブレコーダーに赤信号で進入した様子が映っていたということや、「1人で運転していた」と説明していたが、レコーダーに記録された会話から、同乗者がいたことも判明など、川口容疑者は 嘘ばかり言っていたことが、自分の車のドライブレコーダーにより判明してしまうという皮肉な結果になってしまったようですね・・・。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。