道路を横断していた明瀬次雄さん(84)が、車にはねられ死亡(熊本県天草市)

信号機や横断歩道はなく、事故当時辺りは暗かった

軽乗用車を運転していたのは、63歳の女性

道路を横断していた明瀬次雄さん(84)が、車にはねられ死亡(熊本県天草市)

道路を横断していた明瀬次雄さん(84)が、車にはねられ死亡(熊本県天草市)


道路を横断していた明瀬次雄さん(84)が、車にはねられ死亡(熊本県天草市)

道路を横断していた明瀬次雄さん(84)が、車にはねられ死亡(熊本県天草市)

22日夜、天草市の国道で道路を横断していた男性が車にはねられ死亡しました。

警察によりますと22日午後7時40分ごろ天草市佐伊津町の国道324号線で徒歩で道路を横断していた近くに住む明瀬次雄さん84歳が軽乗用車にはねられました。

明瀬さんは病院に運ばれましたがおよそ1時間後に死亡しました。

現場は片側1車線の緩やかなカーブで歩行者用の信号機や横断歩道はなく事故当時辺りは暗かったということです。

警察は軽乗用車を運転していた63歳の女性に話を聞くなどして事故の詳しい原因を調べています。

RKK熊本放送 2017/4/23(日)

天草市の国道で道路を横断していた男性が車にはねられ死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。