大雨の影響で車がスリップして信号機に衝突・横転、1人死亡、3人重軽傷(広島市東区馬木)

広島市では1時間に30ミリを超える激しい雨

下り坂になった現場付近の県道では、川のように水が流れていた

大雨の影響で車がスリップして信号機に衝突・横転、1人死亡、3人重軽傷(広島市東区馬木)

大雨の影響で車がスリップして信号機に衝突・横転、1人死亡、3人重軽傷(広島市東区馬木)

 22日夜、広島市東区の県道で乗用車が信号機に衝突して横転し、1人が死亡、3人が重軽傷を負 いました。

 当時、広島市では1時間に30ミリを超える激しい雨が観測され、ドライバーは「スリップした」と話しているということで、警察が大雨の影響による事故とみて調べています。

 22 日午後11時50分ごろ広島市東区馬木の県道の交差点で、乗用車が信号機に衝突して横転し、後部座席に乗っていた塗装工の河内馨輝さん(18)が頭を強く打って死亡しました。

 また、乗っていたほかの3人のうち1人が腰の骨を折る大けがをしたほか、運転していた男性ら2人が腕や腰などに軽いけがをしました。

 広島地方気象台によりますと、当時、広島市では1時間に30ミリを超える激しい雨が観測され、警察官が駆けつけた時、車の進行方向から見て右カーブの下り坂になった現場付近の県道では、川のように水が流れていたということです。

 警察によりますと、運転していた18歳の男性は「スリップしてハンドルが利かなくなった」と話しているということで、大雨の影響による事故とみて調べています。

(NHK NEWS WEB 2016年6月23日)

運転していた18歳の男性は「スリップしてハンドルが利かなくなった」と話しているということで、大雨の影響がとてもひどかったのでしょうか。川のように水が流れていたということですので、視界も悪く、ハンドルも利かない状態でしたので、運転は大変だったでしょう。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画