原付バイクで登校中の高校1年の男子生徒(16)が凍結した路面で転倒し、トラックにはねられ意識不明の重体(茨城県稲敷郡阿見町)

前日は雨で、朝路面は凍結していた

原付きバイクが転倒後、対向車線にはみ出しトラックにはねられる

原付バイクで登校中の高校1年の男子生徒(16)が凍結した路面で転倒し、トラックにはねられ意識不明の重体(茨城県稲敷郡阿見町)

原付バイクで登校中の高校1年の男子生徒(16)が凍結した路面で転倒し、トラックにはねられ意識不明の重体(茨城県稲敷郡阿見町)

 原付バイクで登校中だった男子高校生が凍結した路面で転倒、トラックにはねられて意識不明の重体です。

 事故があったのは、茨城県阿見町の直線道路で、警察によりますと、30日午前8時ごろ、原付きバイクが転倒し、対向車線にはみ出したところを走ってきたトラックにはねられました。

この事故で、原付バイクを運転していた公立高校に通う高校1年の男子生徒(16)が頭を強く打つなどして、意識不明の重体で病院へ運ばれました。

 現場付近は29日、雨が降っていて、近所の人によりますと、路面は凍結していたということで、男子生徒はスリップして転倒したとみられます。

 現場は片側一車線の直線道路で、警察が詳しい事故の原因を調べています。

TBS系(JNN)2018/1/30(火)

茨城県稲敷郡阿見町で、原付バイクで登校中の高校1年の男子生徒(16)が凍結した路面で転倒し、トラックにはねられ意識不明の重体とのことです。

けがをされた男子生徒の回復をお祈りします。