タクシーにはねられ、長田すみれちゃん(5)が死亡(熊本県荒尾市)

7歳の兄と2人で近くの郵便局へ行きその帰り

「ブレーキを踏む余裕がなかった」

タクシーにはねられ、長田すみれちゃん(5)が死亡(熊本県荒尾市)

タクシーにはねられ、長田すみれちゃん(5)が死亡(熊本県荒尾市)


タクシーにはねられ、長田すみれちゃん(5)が死亡(熊本県荒尾市)

タクシーにはねられ、長田すみれちゃん(5)が死亡(熊本県荒尾市)

25日夕方、荒尾市の市道で5歳の女の子がタクシーにはねられ死亡しました。

7歳の兄と2人で郵便局へ行った帰りでした。

警察によりますと25日午後5時45分ごろ、荒尾市大正町の市道交差点で近くに住む長田祥幸さん(40)の次女で、5歳のすみれちゃんが右側から来たタクシーにはねられました。

この事故ですみれちゃんは意識不明の状態で病院に運ばれその後、死亡しました。

すみれちゃんは7歳の兄と2人で近くの郵便局へ行きその帰りでした。

タクシーを運転していた57歳の男性は「ブレーキを踏む余裕がなかった」と話しているということです。

RKK熊本放送 2017/6/26(月)

荒尾市の市道で5歳の女の子がタクシーにはねられ死亡するという事故が起きました。

亡くなられた女の子のご冥福をお祈りいたします。