乗用車が川の堤防を乗り越えて河川敷の立ち木に衝突(北海道旭川市)

運転していた男性(31)が、骨盤を脱臼するなどの大けが

男性は事故直後、「居眠りした」と話していた

乗用車が川の堤防を乗り越えて河川敷の立ち木に衝突(北海道旭川市)

乗用車が川の堤防を乗り越えて河川敷の立ち木に衝突(北海道旭川市)


乗用車が川の堤防を乗り越えて河川敷の立ち木に衝突(北海道旭川市)

乗用車が川の堤防を乗り越えて河川敷の立ち木に衝突(北海道旭川市)


乗用車が川の堤防を乗り越えて河川敷の立ち木に衝突(北海道旭川市)

乗用車が川の堤防を乗り越えて河川敷の立ち木に衝突(北海道旭川市)

14日前、旭川で乗用車が川の堤防を乗り越えて河川敷の立ち木に衝突する事故があり、運転していた男性が大けがをしました。

14日午前9時ごろ、旭川市東旭川町下兵村の功橋近くで乗用車がカーブを直進して路外にはみ出し、川の堤防を乗り越えたあと河川敷の立ち木に衝突して止まりました。

この事故で乗用車を運転していた旭川の31歳の会社員の男性が骨盤を脱臼するなどの大けがをしました。

男性は事故直後、「居眠りした」と話していたということで、警察で事故の原因を調べています。

北海道放送(株)2017/10/14(土)

旭川で乗用車が川の堤防を乗り越えて河川敷の立ち木に衝突する事故があり、運転していた男性が大けがを負ったとのことです。

けがをされた方の回復をお祈りします。