「当て逃げがあった」と通報、荒木太一郎容疑者(39)が逮捕され基準値の3倍を超すアルコールが検出(福岡市西区)

車のフロント部分は大きく破損

パトカーが現場周辺でフロント部分が大きく損傷した乗用車を発見

「当て逃げがあった」と通報、荒木太一郎容疑者(39)が逮捕され基準値の3倍を超すアルコールが検出(福岡市西区)

「当て逃げがあった」と通報、荒木太一郎容疑者(39)が逮捕され基準値の3倍を超すアルコールが検出(福岡市西区)

 飲酒運転の疑いで現行犯逮捕された男。車のフロント部分は大きく破損していました。

 9日午前0時半ごろ、福岡市西区の駐車場で「当て逃げがあった」と通報があり、パトカーが現場周辺でフロント部分が大きく損傷した乗用車を発見。

 運転していた会社員の荒木太一郎容疑者(39)を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。

 荒木容疑者からは基準値の3倍を超すアルコールが検出されています。

 荒木容疑者は容疑を認めていて、警察は当て逃げについても経緯を調べています。

(テレビ朝日系(ANN)2017年 1/9

「当て逃げがあった」と通報があり、パトカーが現場周辺でフロント部分が大きく損傷した乗用車を発見したということですが、基準値の3倍を超すアルコールが検出されたということで、今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。