大型バスが路肩に横転し、21人が病院に搬送(福井県あわら市)

全員意識はあり、けがの程度は軽い

大型バスに乗っていたのは、あわら市内の温泉旅館の客

大型バスが路肩に横転し、21人が病院に搬送(福井県あわら市)

大型バスが路肩に横転し、21人が病院に搬送(福井県あわら市)

13日午前、福井県あわら市の県道で温泉旅館の送迎バス1台が横転し、乗っていた温泉旅館の客20人と運転手の合わせて21人が病院に運ばれました。

警察によりますと全員意識はあり、けがの程度は軽いと見られるということです。

13日午前9時すぎ、福井県あわら市細呂木の県道で乗客20人を乗せた温泉旅館の送迎用の大型バス1台が道路を外れて左側の路肩に横転しました。

この事故で、乗客20人全員と運転手の合わせて21人が病院に搬送されましたが、警察によりますと、全員意識はあり、けがの程度は軽いと見られるということです。

警察などによりますと、大型バスに乗っていたのはあわら市内の温泉旅館の客で、石川県小松市の小松空港に向かう途中だったということです。

現場は片側1車線の直線道路で、警察はバスの運転手から話を聞くなどして事故の原因を詳しく調べています。

NHK NEWS WEB 2017/7/13(木)

福井県あわら市の県道で温泉旅館の送迎バス1台が横転し、乗っていた温泉旅館の客20人と運転手の合わせて21人が病院に運ばれたとのことです。

全員意識はあり、けがの程度は軽いとのことです。

怪我をされた方々の回復をお祈りします。