雪かき中の中野政市さん(63)はねられ重傷(群馬県吾妻郡)

軽乗用車はチェーンなどはつけていなかった

現場の道路は雪が数センチ積もった状態

雪かき中の中野政市さん(63)はねられ重傷(群馬県吾妻郡)

雪かき中の中野政市さん(63)はねられ重傷(群馬県吾妻郡)

17日朝、群馬県東吾妻町の道路で、雪かきをしていた男性が車にはねられ重傷を負いました。

 スリップして反対車線に突っ込む車。これは事故の瞬間の映像です。

 午前5時15分ごろ、東吾妻町の路上で雪かきをしていた近くに住む会社員・中野政市さん(63)が走ってきた軽乗用車にはねられました。中野さんは頭などを打ち、重傷です。

 警察によりますと、当時、現場の道路は雪が数センチ積もった状態でしたが、軽乗用車はチェーンなどはつけていなかったということです。

 運転手の男性(51)は、「危ないと思ってブレーキを踏んだらスリップした」などと話しているということです。

TBS系(JNN) 2017/1/17(火)

※上記事では事故の瞬間の映像となっていますが、こちらでは画像です。
 ご了承ください。

現場の道路は雪が数センチ積もった状態の中で、軽乗用車はチェーンなどはつけていなかったとのことですが、急ブレーキをかけたらスリップするのは常識かと思われます。

少しぐらいなら大丈夫という安易な気持ちが、今回の事故につながったのではないでしょうか。

怪我をされた方の、いち早い回復を願います。