酒気帯び運転の疑いで米軍キャンプ所属・スコット・ジェームス・スプラノウィッツ容疑者逮捕(沖縄県那覇市)

県道交差点付近を、酒を飲んだ状態で車を運転した疑い

飲酒検知したところ基準値の2倍ほどのアルコールが検出

inshuunten_img

 沖縄県警は17日、米軍キャンプ・シュワブ所属の三等軍曹、スコット・ジェームス・スプラノウィッツ容疑者(26)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

 同日午前5時15分ごろ、那覇市久茂地2丁目の県道交差点付近を、酒を飲んだ状態で車を運転した疑いがある。

 巡回中のパトカーがウィンカーを出さずに右折した車を見つけ、運転していたスプラノウィッツ容疑者に飲酒検知したところ基準値の2倍ほどのアルコールが検出されたという。

 スプラノウィッツ容疑者は「酒は飲んだが、体に残っていないと思った」と話しているという。

(朝日新聞デジタル 2016年8月17日

「酒は飲んだが、体に残っていないと思った」と話しているということで、常習だったようにも思えて悪質に感じますね・・・。