16歳運転の原付バイクと乗用車が衝突、宮野入匡大さん死亡(名古屋市天白区)

宮野入さんは搬送先の病院で約4時間後に死亡

原付き後部に乗っていた男子高校生(17)も両腕の骨を折る大けが

16歳運転の原付バイクと乗用車が衝突、宮野入匡大さん死亡(名古屋市天白区)

16歳運転の原付バイクと乗用車が衝突、宮野入匡大さん死亡(名古屋市天白区)

 14日午前5時15分ごろ、名古屋市天白区鴻の巣2丁目の国道交差点で、愛知県東郷町兵庫1丁目のアルバイト宮野入匡大(みやのいりまひろ)さん (16)運転の原付きバイクと乗用車が衝突した。

 宮野入さんは搬送先の病院で約4時間後に死亡し、原付きの後部に乗っていた名古屋市の男子高校生(17) も両腕の骨を折る大けがをした。

 乗用車を運転していた男性(23)も顔を打って軽いけが。

 天白署によると、原付きバイクの2人は帰宅途中だったという。

(朝日新聞デジタル 2016年6月14日)

原付きバイクの2人は帰宅途中だったということですが、後部に乗っていた名古屋市の男子高校生(17) も両腕の骨を折る大けが、運転していたのも16歳でまだまだ若いのに亡くなられるなんて本当にお気の毒です。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。