通学路にバイク進入 登校中の小学生はねる(広島県呉市)

児童は、太ももの骨を折る重傷を負った。

容疑者は、「進入禁止に気付かなかった」と供述している

通学路にバイク進入 登校中の小学生はねる(広島県呉市)

通学路にバイク進入 登校中の小学生はねる(広島県呉市)

 広島県呉市で14日朝、通学路に進入したバイクが登校中の小学生をはね、1人が重傷を負った。警察は、バイクを運転していた男を逮捕した。

 事故があったのは、呉市焼山北3丁目の市道。警察によると午前7時45分頃、カーブを曲がったバイクが小学6年の男子児童をはねた。児童は、太ももの骨を折る重傷を負った。

一緒に歩いていた同級生4人は無事だった。警察は、バイクを運転していた呉市本通のとび職・吉本順哉容疑者(23)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕した。

 事故現場の道路は、通学時間帯、車両の乗り入れが禁止されている。吉本容疑者は、「進入禁止に気付かなかった」と供述しているという。

(NNN 1月14日)

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画