軽乗用車と大型バイクが衝突し4人死亡事故、バイクのブレーキが間に合わず車と衝突か(群馬県太田市)

およそ20メートルにわたってバイクのブレーキのあと

以前の記事の続報です。
>>軽乗用車と大型バイクが衝突し炎上、4人死亡(群馬県太田市)

この記事の続報あります。
>>群馬県太田市4人死亡事故の大型バイク、速度の出やすい海外バイクレース使用の逆輸入車か

軽自動車と対向車線を直進していた大型バイクが衝突、双方が炎上

群馬でバイクと衝突し車炎上、4人死亡(TBS系(JNN)2016年 5月29日)より出典

群馬でバイクと衝突し車炎上、4人死亡(TBS系(JNN)2016年 5月29日)より出典

 

群馬でバイクと衝突し車炎上、4人死亡(TBS系(JNN)2016年 5月29日)

 29日、群馬県太田市で軽自動車と大型バイクが衝突して双方が炎上し、4人が死亡した事故で、現場にはおよそ20メートルにわたってバイクのブレーキのあとが残っていることがわかりました。

 警察は、バイクがブレーキをかけたものの間に合わずに車と衝突したものとみて、詳しい状況を調べています。

 29日午前8時半すぎ、国道50号線の交差点で右折しようとした軽自動車と、対向車線を直進していた大型バイクが衝突して、双方が炎上しました。

 この事故で、軽自動車に乗っていた太田市原宿町に住む団体職員の原田典子さん(37)、典子さんの母親の美知子さん(66)、典子さんの娘で高校2年生の萌乃さん(16)の3人と、大型バイクに乗っていた栃木県足利市の会社員、小宮治幸さん(49)の、あわせて4人が死亡しました。

 警察で事故の詳しい原因を調べていますが、これまでの調べで、現場にはおよそ20メートルにわたってバイクのブレーキのあとが残っていたことがわかりました。

 このため警察は、バイクに乗っていた小宮さんが軽自動車に気付いてブレーキをかけたものの間に合わず、車と衝突したものとみて詳しい状況を調べています。

(NHK NEWS WEB 2016年 5月30日)

およそ20メートルにわたってバイクのブレーキのあとが残っていたということで、軽乗用車に気づいたものの、ブレーキが間に合わなかったようで、とてもお気の毒です。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

バイク用ドライブレコーダー

バイク用 高性能 ドライブレコーダー