危険を察知し自動でブレーキがかかる機能を過信してブレーキを踏まないよう指示して起きた事故、運転支援機能搭載車両での事故は全国初(千葉県八千代市)

ブレーキを踏まず、信号待ちしていた乗用車に衝突

「本来はここでブレーキですが、踏むのを我慢してください」

 

 運転支援機能を搭載した日産のミニバン「セレナ」を試乗した客にブレーキを踏まないよう指示して事故を起こしたとして、千葉県警交通捜査課と八千代署は14日、八千代市内の日産自動車販売店の店長男性(46)と同店の営業社員男性(28)を業務上過失傷害容疑で、試乗した客のトラック運転手男性(38)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、千葉地検に書類送検した。運転支援機能を搭載した車両の事故は全国で初めて。

 書類送検容疑は、営業社員男性は昨年11月27日午後4時50分ごろ、セレナの試乗に来たトラック運転手男性の助手席に同乗。店舗近くの八千代市大和田新田の市道で、アクセルやブレーキ、車線保持などの運転を支援するクルーズコントロール機能が危険を検知して自動停止すると誤った認識のまま、運転手男性に「本来はここでブレーキですが、踏むのを我慢してください」と指示。男性はブレーキを踏まず、信号待ちしていた乗用車に衝突。乗っていた30代の夫婦に全治2週間のけがを負わせた疑い。

 同社ホームページによると、セレナは、高速道路での運転を支援する「同一車線自動運転技術」と危険を察知して自動でブレーキがかかる「エマージェンシーブレーキ」を搭載。交通捜査課によると、本来は車両の単眼カメラで危険を察知して自動ブレーキがかかるが、事故当時は夜間で雨が降っており、追突された車は黒色だった。

セレナに故障や異常はなく、同課では「対向車の前照灯など道路環境や天候が重なり、自動ブレーキが作動しないまま追突した」と結論づけた。

 3人はいずれも容疑を認めている。営業社員男性は「過去数回、試乗時に運転支援機能のクルーズコントロールを設定していたところ停止したので、試乗時も停止するものと誤認したまま指示した」と話している。営業社員男性は試乗中、クルーズコントロール機能を作動させ「時速40キロの設定速度で進行すると停止車両を検知し自動停止する」と説明していたという。

 同課によると、同社のマニュアルでは、夜間・降雨時の試乗、一般道でのクルーズコントロール機能の使用を禁じていた。

 同課では「自動運転機能は、運転者の安全運転が前提。あくまでも支援システムで限界がある。運転者が機能を理解すべき。警鐘を鳴らすため立件した」と話している。

(千葉日報オンライン 4/14(金) 18:52配信)

エマージェンシーブレーキに限界があるとは認識していなかった?

今回の事故が起きた理由として、危険を察知して自動でブレーキがかかる「エマージェンシーブレーキ」の限界がどこまでなのかということも気になるところです。

しかし、今回の事故は、そういった技術的な問題の前に、「運転者の安全運転」という当たり前のことがなされていなかったということが、問題となっているようです。

すなわち、試乗者にお客様を乗せた状態で、公道を走らせたうえで、他の乗用車に対して、ブレーキをかけないという行為をしたということが問題となり、千葉県警交通捜査課としては、警鐘を鳴らすため立件したのではないでしょうか。

なぜ、販売店では、こういった行為が許されてしまったのでしょうか。

マニュアルでは、夜間・降雨時の試乗、一般道でのクルーズコントロール機能の使用を禁じていたのにもかかわらず、過去数回、試乗時に運転支援機能のクルーズコントロールを設定していたところ停止したので、試乗時も停止するものと誤認したまま指示したとのことですが、エマージェンシーブレーキにも限界があるということを認識していなかったことに、問題点があるように思えます。

エマージェンシーブレーキとは、あくまでも「支援」機能である

ホームページには、エマージェンシーブレーキの注意点として、以下のように書かれています。

エマージェンシーブレーキは、約10~80km/hの範囲で前方の車両や歩行者と衝突する可能性がある場合に作動し、自動的に停止又は減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。認識性能には限界があり、また道路状況や天候等によっては、システムが作動しない場合があります。システムだけに頼った運転はせず、安全運転を心がけて下さい。

すなわち、エマージェンシーブレーキはあくまでも、運転を「支援」するシステムであり、限界があるのだということが明記されています。

そして、今回の事故でわかったこととしては、エマージェンシーブレーキのシステムは、夜間で雨が降っていて、黒色の車が前方に走っている場合には、機能しない場合があるのだということです。

今後、こういった点も含めて、運転支援機能そのものが改良されていくとは思いますが、今回のように、販売店が過信して、試乗の際にブレーキを踏ませないようにするという行為自体はなくなってほしいと思います。

もし、そういった行為をするのであれば、販売店の敷地内で、あくまでも安全が確認された状態で試乗するようにしたほうがいいのではないでしょうか。個人的な意見として、今回はそのように感じました。

運転者の安全運転が大前提であるということ

また、今回の事故で、販売店の店長男性と営業社員男性が、業務上過失傷害容疑で書類送検されたことは理解できるのですが、試乗した客の男性が自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで書類送検されたことには驚きました。

千葉県警交通捜査課が、自動運転機能は、運転者の安全運転が前提で、運転者が機能を理解すべきとして、警鐘を鳴らすため立件したということから、試乗した客の男性が「本来はここでブレーキですが、踏むのを我慢してください」と指示されたとしても、運転者の安全運転が前提で、運転者が機能を理解すべきであるので、指示されたからとはいえ、ブレーキを踏むのを我慢するのではなく、ブレーキを踏むべきだった、ということなのでしょうか。

今回の事故を受けて、千葉地検としてはどういった判断をするのか、気になるところです。判決次第では、今後の自動運転機能のあり方や、販売店での試乗の際の注意点などいろいろな方面での影響が出てくると思います。そういった意味も含めて、あらゆる方面で、いろいろな議論がなされていくのではないでしょうか。

まとめとしましては、車を運転する側としての判断としては、あくまでも現在の運転支援システムには限界があるので、そういったことを含めて運転者が機能を理解するべきであって、運転者の安全運転が大前提であるということでしょうか。

今後、運転する際にも、運転者の安全運転が大前提である、ということを肝に銘じて安全運転を心がけていきたいと強く感じました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ミラー型 ドライブレコーダーセット バックカメラ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

バックセンサー パーキングセンサー