観光バスが別の観光バスに追突 14人軽傷(北海道八雲町・道央自動車道)

「バスはスリップしてしまいました」(観光バス乗客)

「除雪がまだ間に合っていなかった。コントロールを失っていた」

観光バスが別の観光バスに追突 14人軽傷(北海道八雲町・道央自動車道)

観光バスが別の観光バスに追突 14人軽傷(北海道八雲町・道央自動車道)

 28日昼前、道南の八雲町の道央自動車道で、観光バスが別の観光バスに追突し、双方のバスに乗っていたあわせて14人がけがをして病院で手当てを受けています。

 28日午前11時半すぎ、八雲町山崎の道央自動車道の下り線で、観光バスが前を走っていた別の観光バスに追突しました。

 警察によりますと、前を走っていたバスには、インドネシアからの観光客32人が、また追突したバスには台湾からの観光客26人のあわせて58人が乗っていましたが、この事故で双方のバスの乗客14人がけがをして病院で手当てを受けています。

 いずれもけがの程度は軽いということです。

 警察によりますと、追突されたバスの運転手は、前方に別の車が止まっているのを見てバスを停車させたところ、追突されたと話しているということです。

 警察は詳しい状況を調べています。

 この事故で道央自動車道は八雲インターチェンジと国縫インターチェンジの間の下り線が通行止めになっています。

(12月28日 NHK NEWS WEB)

観光バスが別の観光バスに追突 14人軽傷(北海道)

観光バスが別の観光バスに追突 14人軽傷(北海道)

 北海道南部の高速道路で28日午後、外国人を乗せた観光バス2台が追突事故を起こし、14人がけがをしました。

 「バスはスリップしてしまいました」(観光バスの乗客)

 28日昼前、八雲町山崎の道央自動車道の下り線で、台湾人を乗せた観光バスが止まったところ、後ろからきたインドネシア人を乗せた観光バスが追突しました。

 この事故で、2台のバスの合わせて14人が近くの病院に運ばれました。首の打撲など軽いけがだということです。

 「除雪がまだ間に合っていなかった。(バスは)コントロールを失っていた」(観光バスの乗客)

 警察によりますと、事故当時は吹雪で、路面は圧雪状態だったということで、詳しい事故の原因を調べています。

(12月29日 TBSニュース)

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー