酒を飲んで車を運転したとして、千葉北警察署の警務課長、石橋一幸容疑者(56)を酒気帯び運転の疑いで逮捕(千葉県千葉市緑区)

調べに対し「間違いありません」と容疑を認めている

ファミリーレストランで酒を飲んだあと、車に乗り込もうとしているのを店に来ていた客に目撃され、客から運転しないよう注意されたにもかかわらず、車を運転して帰宅

酒を飲んで車を運転したとして、千葉北警察署の警務課長、石橋一幸容疑者(56)を酒気帯び運転の疑いで逮捕(千葉県千葉市緑区)

酒を飲んで車を運転したとして、千葉北警察署の警務課長、石橋一幸容疑者(56)を酒気帯び運転の疑いで逮捕(千葉県千葉市緑区)

千葉県の千葉北警察署の警務課長が19日夜、千葉市内で酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、千葉北警察署の警務課長、石橋一幸容疑者(56)で、19日夜9時すぎ、千葉市緑区あすみが丘の市道で酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いが持たれています。

警察によりますと、石橋課長はファミリーレストランで酒を飲んだあと、車に乗り込もうとしているのを店に来ていた客に目撃され、客から運転しないよう注意されたにもかかわらず、車を運転して帰宅したということです。

男性が石橋課長の自宅前まで車で追いかけて警察に通報し、駆けつけた警察官が調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということです。

千葉県警察本部監察官室は「幹部の警察官がこのような事案を起こし、遺憾です。捜査結果を踏まえ厳正に対処します」とコメントしています。

NHK NEWS WEB 2017/10/20(金)

千葉県の千葉北警察署の警務課長が、千葉市内で酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いで逮捕されたとのことです。

飲酒運転は、絶対に許せません。