地面に寝ていた大学1年生斎藤伸行さん(20)竹田保夫さん(69)の乗用車にはねられる(長野県山ノ内町)

斎藤さんは内臓を損傷し、意識不明

仲間と酒を飲んでいて「外に出て酔いを覚ます」として外出

kyukyu_img02

 7日午前1時40分ごろ、長野県山ノ内町夜間瀬の宿泊施設の駐車場で、地面に寝ていた横浜市港北区、大学1年、斎藤伸行さん(20)が、施設経営者、竹田保夫さん(69)の乗用車にはねられた。

 斎藤さんは内臓を損傷し、意識不明。中野署が調べている。

 同署によると、斎藤さんは4日から5泊6日の予定で、大学の音楽サークル仲間約20人で、施設に宿泊。

 6日夜、仲間と酒を飲んでいて「外に出て酔いを覚ます」として外出したという。

 駐車場の隅であおむけで寝ていた斎藤さんに気づかず、竹田さんが乗用車を後退させたところ、タイヤが斎藤さんの腹部に乗り上げたとみられる。

(毎日新聞 2016年9月7日【川辺和将】)

 駐車場の隅であおむけで寝ていた斎藤さんに気づかず、竹田さんが乗用車を後退させたところ、タイヤが斎藤さんの腹部に乗り上げたとみられるとのことで、怖い事故ですね・・・。今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

アラームで知らせるバックセンサー

バックセンサー&モニターセット