ダンプがひき逃げ、小1男児死亡(東京都町田市)

頭などをひかれており間もなく死亡が確認

この記事の続報あります。容疑者逮捕されました。
>>【続報】町田市小1男児ひき逃げ死亡事件、容疑者逮捕、祖父「言葉でない」

横断歩道を渡っていて、後ろから左折してきたダンプにひかれた

ダンプがひき逃げ、小1男児死亡(東京・町田市)

ダンプがひき逃げ、小1男児死亡(東京・町田市)

 東京・町田市で17日朝、小学1年生の男の子がダンプにひかれ、搬送先の病院で死亡した。警視庁は現場から逃走したダンプの運転手から事情を聞いている。

 警視庁などによると、17日午前7時45分ごろ、町田市鶴間の交差点で、近くに住む小学1年生・倉田遼太郎くん(7)が横断歩道を渡っていたところ、後ろから左折してきたダンプにひかれた。

倉田くんは病院に搬送されたが、頭などをひかれており間もなく死亡が確認された。

 ダンプはそのまま走り去ったが、警視庁が行方を追ったところ、約3キロ離れた路上で白バイの隊員が発見。

ひき逃げや過失運転致傷の疑いで運転手の60代の男を事故現場に引き合わせて詳しい事情を聞いている。倉田くんは登校する途中だったという。

(NNN 2月17日)

横断歩道を渡っていて、後ろからひかれてしまうなんて可哀想な事故ですね・・・。こういった事故がおきないよう、運転の際には細心の注意をはらってほしいものです。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画