パトカーに追跡されていた軽乗用車が軽トラックと衝突(福岡県福岡市中央区)

(交通違反の)切符を切られたくなかった

軽乗用車を運転していた女性(45)が全身を打撲し、同乗の男性(54)が左肘を骨折、軽トラックの男性(63)は軽傷

パトカーに追跡されていた軽乗用車が軽トラックと衝突(福岡県福岡市中央区)

パトカーに追跡されていた軽乗用車が軽トラックと衝突(福岡県福岡市中央区)

 22日午前5時45分ごろ、福岡市中央区平尾3丁目の県道交差点で、パトカーに追跡されていた軽乗用車が軽トラックと衝突した。

軽乗用車を運転していた同市の女性(45)が全身を打撲し、同乗の男性(54)が左肘を骨折した。

軽トラックの男性(63)は軽傷。

 福岡県警中央署によると、事故直前、転回禁止の路上で軽乗用車がUターンしたのを近くにいたパトカーが見つけ、追跡を開始。

軽乗用車は赤信号を無視して交差点に進入したという。

パトカーは赤色灯をつけ、サイレンを鳴らしていた。

同署は追跡方法が適切だったか確認している。

 女性は「(交通違反の)切符を切られたくなかった」と話しており、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いを視野に調べる方針。

産経WEST 2017/8/22(火)

福岡市中央区平尾3丁目の県道交差点で、パトカーに追跡されていた軽乗用車が軽トラックと衝突し3人がけがを負ったとのことです。

怪我をされた方々の回復をお祈りします。