コンビニエンスストアにタクシーが突っ込み、運転手の壁屋誠一さんが死亡(福岡県福岡市中央区)

コンビニの店内いた客や従業員に、けがはなし

アクセルとブレーキの踏み間違いか

コンビニエンスストアにタクシーが突っ込み、運転手の壁屋誠一さんが死亡(福岡県福岡市中央区)

コンビニエンスストアにタクシーが突っ込み、運転手の壁屋誠一さんが死亡(福岡県福岡市中央区)


コンビニエンスストアにタクシーが突っ込み、運転手の壁屋誠一さんが死亡(福岡県福岡市中央区)

コンビニエンスストアにタクシーが突っ込み、運転手の壁屋誠一さんが死亡(福岡県福岡市中央区)

29日午後、福岡市中央区のコンビニエンスストアにタクシーが突っ込み、運転手の男性が亡くなりました。

【記者】
「店舗の前にある公衆電話は傾き、その奥のガラスは割れてあたり一面に散らばっています」

警察などによりますと、29日午後3時20分ごろ、福岡市中央区地行のコンビニの駐車場で、運転席のドアを開いてバックで駐車しようとしていた個人タクシーが、店の壁に衝突しました。

タクシーの運転手壁屋誠一さんが、一時、車内に閉じ込められ救助されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

タクシーには客は乗っておらず、コンビニの店内いた客や従業員に、けがはありませんでした。

警察が、アクセルとブレーキの踏み間違いとみて、事故の状況を詳しく調べています。

テレビ西日本 2017/8/29(火)

福岡市中央区のコンビニエンスストアにタクシーが突っ込み、運転手の男性が亡くなったとのことです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。