「ハイボールを5リットルぐらい飲んだ」、飲酒運転で事故を起こした宮城康一容疑者(43)を現行犯逮捕(福岡県福岡市東区)

基準値の4倍を超えるアルコールが検出

普通乗用車が信号待ちをしていた車に追突したあと、さらにバックをして後ろの車に衝突

「ハイボールを5リットルぐらい飲んだ」、飲酒運転で事故を起こした宮城康一容疑者(43)を現行犯逮捕(福岡県福岡市東区)

「ハイボールを5リットルぐらい飲んだ」、飲酒運転で事故を起こした宮城康一容疑者(43)を現行犯逮捕(福岡県福岡市東区)


「ハイボールを5リットルぐらい飲んだ」、飲酒運転で事故を起こした宮城康一容疑者(43)を現行犯逮捕(福岡県福岡市東区)

「ハイボールを5リットルぐらい飲んだ」、飲酒運転で事故を起こした宮城康一容疑者(43)を現行犯逮捕(福岡県福岡市東区)

6日、福岡市で飲酒運転をして事故を起こした43歳の男が現行犯逮捕されました。

男は「ハイボールを5リットルぐらい飲んだ」と供述しています。

警察によりますと、6日午後6時15分ごろ、福岡市東区和白丘の国道495号線で、普通乗用車が信号待ちをしていた車に追突したあと、さらにバックをして後ろの車に衝突しました。

警察が駆けつけ、事故を起こした運転手の男の呼気を調べたところ、基準値の4倍を超えるアルコールが検出されたため、男を酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

逮捕されたのは福岡市東区和白東の無職宮城康一容疑者(43)で「家でハイボールを5リットルぐらい飲んだ」などと容疑を認めているということです。

また福岡県福智町では、中間市のとび職、今村翔三容疑者(31)が酒気帯び運転の現行犯で逮捕されています。

テレビ西日本 2017/11/7(火)

福岡市で飲酒運転をして事故を起こした43歳の男が現行犯逮捕されたとのことです。

飲酒運転は、絶対に許せません。