2トントラックが歩道を歩いていた60代の男性をはねたあと、電柱に衝突(福岡県福岡市中央区)

はねられた男性は、ろっ骨を骨折

トラックを運転していた20代の男性運転手も両足に擦り傷

2トントラックが歩道を歩いていた60代の男性をはねたあと、電柱に衝突(福岡県福岡市中央区)

2トントラックが歩道を歩いていた60代の男性をはねたあと、電柱に衝突(福岡県福岡市中央区)


2トントラックが歩道を歩いていた60代の男性をはねたあと、電柱に衝突(福岡県福岡市中央区)

2トントラックが歩道を歩いていた60代の男性をはねたあと、電柱に衝突(福岡県福岡市中央区)


2トントラックが歩道を歩いていた60代の男性をはねたあと、電柱に衝突(福岡県福岡市中央区)

2トントラックが歩道を歩いていた60代の男性をはねたあと、電柱に衝突(福岡県福岡市中央区)


2トントラックが歩道を歩いていた60代の男性をはねたあと、電柱に衝突(福岡県福岡市中央区)

2トントラックが歩道を歩いていた60代の男性をはねたあと、電柱に衝突(福岡県福岡市中央区)

【記者リポート】
「福岡市中央区の現場です。電柱に衝突したトラックは前方部分が大きくへこみ、フロントガラスは粉々になっています。その影響でしょうか、信号機は点灯していません」

警察によりますと、29日午前10時ごろ、福岡市中央区今川の市道で、2トントラックが歩道を歩いていた60代の男性をはねたあと、電柱に衝突して止まりました。

この事故で、はねられた男性がろっ骨を折ったほか、トラックの20代の男性運転手も両足に擦り傷を負いましたが、いずれも命に別状はないということです。

調べに対し運転手は「ハンドル操作を誤った」と話していて、警察が事故の状況を詳しく調べています。

テレビ西日本 2018/1/29(月)

福岡市中央区で、2トントラックが歩道を歩いていた60代の男性をはねたあと、電柱に衝突するという事故が起きました。

この事故で、はねられた男性がろっ骨を骨折、トラックの20代の男性運転手も両足に擦り傷を負ったとのことです。

けがをされた方々の回復をお祈りします。